ソファ専門店:フランネルソファ オンラインストア

CONTENTS コンテンツ FLANNEL MAGAZINE ソファ専門のスタッフがソファのまめ知識をお届け

お問い合わせ052-212-1865|11:00-19:00 水曜定休日        

FLANNEL magazine

ソファ専門スタッフからの
ソファについての「まめ知識」を、フランネルマガジンとしてお届けします。

TITLE : ソファとテーブルの最適な距離

ソファとテーブル、それは切っても切れない関係。
では、ソファとテーブルの間にはどのくらいの距離が必要でしょうか?
レイアウトの際のポイントを押さえましょう。


座面の高さで距離が変わる

ソファとテーブルの間の距離が近すぎると、足を伸ばせず窮屈に感じます。
逆に遠すぎるとテーブルに手が届かなくなってしまい不便になってしまいます。

ではどの距離が1番好ましいのか、というとそれは足の伸ばし方によって変わってきます。座面が低くなればなるほど足を伸ばさないと座れません。そのため座面が低くなればなるほどにソファとテーブルとの間にスペースが必要となってきます。

ソファの座面の高さは40cm前後のものが比較的多いです。これは立ったり座ったりという動作がスムーズに行える高さとして設定されています。
この標準的な高さのソファの場合はテーブルとの間に30cmほどのスペースがあれば快適です。テーブルの上のものにも手が届きやすいので、来客をもてなすようなシーンにおいても不快感を与えません。

また、最近では座面高が35cm前後に設定された、低いデザインのソファも良く見かけられます。この場合は足を伸ばすスペースを考慮し、テーブルとの間に40cmほどのスペースを確保すると良いかと思います。

今回はソファとテーブルの間の距離についてでしたが、座面の高さが変われば、最適なテーブルの高さだってもちろん変わってきます。座面高とテーブルの高さとの関係についてはまた詳しくご説明したいと思います。


PAGE TOP

製品のご購入、ご相談はお問い合わせフォームか、ショールームまで
電話による製品のご購入,ご相談は052-212-1865まで