ロゴ

ソファ専門店:フランネルソファ オンラインストア

CONTENTS コンテンツ FLANNEL MAGAZINE ソファ専門のスタッフがソファのまめ知識をお届け

お問い合わせ0120-796-016|11:00-19:00 水曜定休日        

FLANNEL magazine

ソファ専門スタッフからの
ソファについての「まめ知識」を、フランネルマガジンとしてお届けします。

TITLE :
ソファとテーブルの関係

ソファとセンターテーブル

あなたにあったテーブルの選び方

ソファと合わせてテーブルを選ぶ際、どんな高さのテーブルを選んだらよいか。 テーブルの使い方や見せ方による「最適な高さ」が、決め手となります。
このページでは、それぞれの用途からみた、テーブルのオススメの高さを紹介します。

「床に座って食事したい」

ちょっとしたランチや晩酌など、リビングで床に座って食事をする機会が多い方には、テーブルの高さ350㎜前後がオススメです。
日本古来の座卓が、この高さになります。書き物やPC作業においても、使い勝手の良い高さになります。
お子様の宿題や、お絵かきにも適した高さと言えるでしょう。
尚、棚板が付いているデザインは、座った際にテーブル下へ脚が入らなくなってしまうこともあります。
ご購入される際には、実際にテーブル前に座って、自分にあった高さをお試しください。
リビングテーブルやセンターテーブルは、主に350~400㎜の高さのタイプが主流です。
デザインやメーカー・販売店によっては、テーブルの脚をカットすることで、高さをオーダー出来ます。
少々高く感じられる際には、座る際に座布団もしくはクッションで、心地の良い高さに調節して下さい。

棚板があるテーブルと棚板がないテーブルの利便性の違い

同じ高さでも棚板があると、テーブルと身体の距離が生じて使いにくくなります。

「空間を広く見せたい」

昼白色照明の部屋

天板面積の広いテーブルをお選びいただく際は、圧迫感がなく、 空間に「抜け」を感じさせる低めのテーブルの高さ300~200㎜がオススメです。
特に迫力のある大きなソファをリビングに配置する場合、ガラス天板や低めのテーブルを選んで空間のバランスを取っても良いでしょう。

気の合う仲間たちとお酒を酌み交わすといった目的で使用される「酒卓(テーブルの高さ300~200㎜が主流)」をソファの前に置くのも、 一つのアイデアです。
迫力のある、面積が大きい無垢天板のようなテーブルをソファに合わせる場合も、低めの高さを選ぶことをオススメします。
個性的な木目が、ソファに座った時にも視野に入るので、より雰囲気のある空間になります。

ただし、歩く際には低いためにテーブルが視界に入りにくくなることもあるので、つまずいたりしないように、ご注意ください。

「カフェスタイルにしたい」

ダイニングと兼ねたカフェスタイルを目指してのお部屋つくりには、座面高さによって、テーブルの高さを選んで下さい。
ダイニングの場合は、(テーブル天板上面)―(チェアの座面高)=270~290㎜が主流です。
ソファは、チェアと比べ身体が沈み込む為、実際の数値より座面高さが低く感じられます。
その為、天板から膝までの距離は(テーブル天板上面)―(ソファの座面高)=250~270㎜を目安として考えて下さい。
テーブルの脚のタイプは、2本脚もしくは1本脚が使いやすくなります。
ソファへ座りこむ、また立ち上がって移動するときに、テーブルの脚が邪魔になりにくくなります。
また、テーブル天板の形状・サイズも、ソファとの相性があります。
カフェスタイルで使いたい場合には、プロのアドバイスを受けながら、選ぶことをおススメします。

ソファ座面高さ400㎜に対してのテーブル組合せ例

2本脚(1本脚)の場合(図下右)は、テーブルと身体の距離を近くで使えます。
4本脚の場合(図下左)は、テーブルと身体の距離が遠くなり、出入りもしにくくなります。

ソファ座面高さ400㎜に対してのテーブル組合せ例

ソファ座面高さ400㎜に対してのテーブル組合せ例

「リビングテーブルを置くスペースがない」

動線やお子さまの遊ぶスペースを確保するため、ソファの前にテーブルを置くことを諦めることもあるでしょう。
そんなときは、小ぶりで移動が非常にしやすいサイドテーブルといった選択肢もあります。

サイドテーブル

ソファで過ごすスタイルは、多様化しています。
あなたご自身が思い描いたイメージに、ライフスタイルにあったテーブルを選び、心地の良い快適なソファ空間を作り上げて下さい。


PAGE TOP

製品のご購入、ご相談はお問い合わせフォームか、ショールームまで
電話による製品のご購入,ご相談は0120-796-016まで