ソファ専門店:フランネルソファ オンラインストア

MAINTENANCE メンテナンス ソファを永く使用する為のメンテナンス

お問い合わせ052-212-1865|11:00-19:00 水曜定休日

Care ソファのお手入れ方法
ソファのお手入れ方法

長くソファをご使用いただける為にも、正しいお手入れをしましょう。
定期的なお手入れが、ソファの寿命を長くします。
生地・クッション・木部のお手入れ方法一例をご紹介します。

Care ソファのお手入れ方法

布生地のお手入れ

チリやホコリが付きやすい為、日頃の手入れとしては、柔らかいタオル、ブラシなどで表面を軽く叩いたり、掃除機でほこりを取り除くようにしてください。
汚れは長時間放っておくと取れなくなる場合がありますので早めに対応してください。
カバーリングソファの場合は、ソファカバーをドライクリーニング可能です。万が一、ご自宅の洗濯機などで洗濯した場合、カバーの脱色、色移り、縮み、よじれ、縫い目の裂け等が起こる恐れがあるので、ご遠慮ください。

ソファカバーの交換についてはコチラ

状況 対処法
コーヒー・お酒等の液体をこぼしてしまった場合 中性洗剤をぬるま湯で薄めて、柔らかい布にひたし、軽く絞って汚れを外側から円を描くように中心に向かって、表面を叩くようにしてふき取って下さい。
その後は温湯でひたした布で洗剤液をふき取り、自然乾燥させて下さい。
こすったりしてしまうと汚れが広がる恐れがありますので気を付けてください。
スナック菓子などの固形物をこぼしてしまった場合 固形物を柔らかい布、ティッシュなどですくい取り、最後に綺麗に拭き取ってください。
どうしても汚れが取れない 上記のやり方でも取れない場合、お早めにFLANNEL SOFAまでお気軽にご相談ください。汚れは早めの対処が重要です。
布生地専用お手入れ用品
テキスタイルケアキット

テキスタイルケアキット

天然繊維(ウール及びシルク100%のものは除く)、合成繊維、マイクロファイバーなどの大部分の繊維製のソファやラグに適した水溶性のクリーナーとプロテクターがセットされたお手入れ用キットです。飲食物・汗などの脂肪酸のシミから保護するために開発された水性のスプレーです。クリーナー使用後の繊維が湿った状態でもすぐにご使用いただけます。

テキスタイルケアキットはコチラ
インテリアクリーナーセット

インテリアクリーナーセット

ソファの布生地にはもちろん、カーペットや車のシート、衣類などのあらゆる布製品のお手入れに使用できます。赤ワイン、油、泥、ペットの汚れや臭いなど、多様な汚れや臭いに対応できる万能なクリーナーボトル類をはじめ、マイクロファイバー100%の「MQ Duotex ダブルクロス」もセット。ソファを清潔に使用していただく為にも、いざという時の為に、重宝します。

インテリアクリーナーセットはコチラ

フェイクレザーのお手入れ

チリやホコリが付きやすい為、日頃の手入れとしては、柔らかいタオル、ブラシなどで表面を軽く叩いたり、掃除機でほこりを取り除くようにしてください。
汚れは長時間放っておくと取れなくなる場合がありますので早めに対応してください。

状況 対処法
コーヒー・お酒等の液体をこぼしてしまった場合 中性洗剤をぬるま湯で薄めて、柔らかい布にひたし、よく拭き取り、その後に水で湿らせた布で洗剤をよく拭き取って下さい。それから乾いた布でやさしく水気を吸い取ります。
ボールペン・インクペン等の場合 揮発油(ベンジン)、ベンゾール、アルコールの溶剤を吸水性のあるタオルに含ませ、外側から中心に向けて円を描くように軽くたたきながら拭き取ってください。最後にお手入れした箇所を乾いた布で拭き取り、ドライヤー(冷風)で乾かします。
消しゴムで軽くこすると消える場合がありますが、フェイクレザーの表面が削れる場合がありますのでオススメできません。
ガム・ガムテープ等の粘着物が付着した場合 揮発油(ベンジン)を吸水性のあるタオルに含ませて、汚れを拭き取ります。最後にお手入れした箇所を乾いた布で拭き取り、ドライヤー(冷風)で乾かします。
どうしても汚れが取れない 上記のやり方でも取れない場合、お早めにFLANNEL SOFAまでお気軽にご相談ください。汚れは早めの対処が重要です。
フェイクレザー専用お手入れ用品 (布生地にも使用可)
オールクリーナー

オールクリーナー

フェイクレザー(ビニールレザー)、PVC、プラスチック、デコラ用のケアキット。今まで取れなかった頑固なソフトレザ−のシボの汚れ、プラスチックの汚れ、デコラトップの水垢など幅広く使用になれます。また、速乾性なのでさっと使用するのに大変便利です。

オールクリーナーはコチラ

本革 - クロム (RLD / RLE)のお手入れ

普段は柔らかい布で乾拭きするだけで、特別なお手入れは必要ありません。半年に1回程度ファニチャー用レザーのクリームなどを薄くのばすように塗っていただく程度で充分です。
靴用などのクリーナーは変色の原因となりますので厳禁です。長時間直射日光に当てるのも変色の原因になります。

状況 対処法
ご購入時 本革ソファ専用のプロテクトクリームをご購入時に、使用することをお勧めします。革の表面がコーティングされるため、汚れにくいです。また、油分と水分が含まれているので、直射日光のあたる場所への設置は必ずやめてください。
汚れた時 化学雑巾、ベンジン、中性洗剤、シンナーなどは色あせや革を硬くさせてしまいます。絶対に使用しないでください。硬くしぼったきれいな雑巾で、汚れを拭き取ってください。
どうしても汚れが取れない 上記のやり方でも取れない場合、お早めにFLANNEL SOFAまでお気軽にご相談ください。汚れは早めの対処が重要です。
本革専用お手入れ用品
レザーケアキットLM150

レザーケアキットLM150

ユニタス社が独自に開発し、革の色、艶、風合いを損なわずに繊維の奥深く浸透し、表面に付着した汚れはもちろん、カビの発生の原因になりやすい毛穴の内部に付着した汚れを簡単に取り除くことができます。プロテクションクリームは、お客様の皮革を目に見えない薄膜で汚れから守ります。汚れやしみが皮革製品の奥にしみこむのを防いでくれます。

レザーケアキットLM150はコチラ

本革 - ヌメ革 (RLC)のお手入れ

ヌメ革は植物から抽出されたタンニン成分でなめされ、染色・塗装をしていない革です。そのため表面に傷が付きやすく、色も変化していきます。また、汚れて時間が経つと汚れが落としにくくなります。できるだけ汚れないようにして、汚れたら早くお手入れすることが大切です。丁寧にお手入れをしながら使うことで、永く使い続けることができます。

状況 対処法
ご購入時

ヌメ革は日光浴をさせることで、革の内部にある油分が染み出てきてコーティングされて汚れにくくなります。最初のケアとして目安で1ヶ月ほど、日光浴をお勧めします。
ヌメ革は表面に染色等がされていないので水に弱く、シミになりやすいです。
特に購入時の新しいヌメ革は水に濡れたところがすぐにシミになってしまいますので、充分ご注意下さい。

汚れた時

表面の汚れは乾いた布で乾拭きすることで落とすことができます。 乾拭きしても落ちない場合は、ぬるま湯に布を浸して、しっかりと絞った後に拭いて下さい。一部分だけを集中して拭くと、色ムラの原因となりますので、全体的にマッサージするように拭いて下さい。
汚れてから時間が経ってしまうと、革の内部まで浸透してしまい、汚れを取り除くことは不可能です。無理に取り除こうとすると、革にダメージを与えてしまいます。

どうしても汚れが取れない 上記のやり方でも取れない場合、お早めにFLANNEL SOFAまでお気軽にご相談ください。汚れは早めの対処が重要です。
本革・ヌメ革専用お手入れ用品
タピール TAPIR 本革・ヌメ革専用オイル

タピール (本革・ヌメ革専用オイル)

ひまし油、なたね油、バルサムテレピンオイル、オレンジオイル、酢を原材料とした、革専用のオイル。汚れを落としながら油分を補うオイルとして、革をしなやかに保ち、防水・艶だし効果も少しあります。
使用方法は、使用前にビンをよく振ります。レーダーオイルを柔らかい布に含ませて均等にのばし、軽くマッサージするようにしてなじませます。つけすぎたオイルは拭き取ってください。

クッションのお手入れ

クッション材・ウレタン材は消耗材の為、年月が経つにつれ、へたりが生じてきます。
材質を長持ちさせる為にも日頃のお手入れを行ってください。
また湿気を抜く為にも晴れた日に陰干しして下さい。

クッション材の交換についてはコチラ

クッション材 お手入れ法方
ポリエステル綿/FT綿 クッションをまんべんなく叩いた後、クッションをカバーに馴染ませるよう、やさしく整えます。
フェザー(羽毛) 見えない奥で湿気がたまるため、羽毛布団のように、日陰で干した後、ふっくらした仕上がりにする為に、クッションを縦横から押し付けます。クッションをまんべんなく叩いた後、羽毛が全体に広がるようにふっくらした仕上がりになったところで、クッションをカバーに馴染ませるよう、やさしく整えます。

木部のお手入れ

柔らかい乾いた布で乾拭きしてください。
水分をしっかり切った布でもかまいませんが、乾拭きをして水分が家具に残らないようにしてください。熱いものや水滴の付いたグラスを直接置かれると、輪染みの原因となります。ランチョンマットなどを敷いてください。底がザラついた陶器などもキズの原因となるのでご注意ください。ワックスや化学ぞうきん、また消しゴムなどの使用も避けてください。
ツヤに、くもりが出たりしてしまいます。

オイル塗装された木部 オイル塗装での仕上げは、木の良さを活かすため、限りなく木肌に近く、人肌にも優しい自然系塗料を使用しています。
塗膜がとても薄いので、定期的なメンテナンスが必要ですが、小さなキズや汚れは、各ご家庭でお手入れできます。
BRICK (ブリック)の木肘、木脚
ウレタン塗装された木部 塗装面のホコリは、柔らかい布等で軽く払ってください。硬い布でホコリのあるままで擦ると、細かい傷がついて、かえって逆効果です。
汚れのひどい場合は、薄めた中性洗剤を浸した布で汚れを落とし、その後、水に浸した布で洗剤をよく拭き取ってください。
次に乾いた布で軽く拭いた後に、自然乾燥させてください。
※主に、ソファの木脚です。

PAGE TOP

製品のご購入、ご相談はお問い合わせフォームか、ショールームまで
電話による製品のご購入,ご相談は052-212-1865まで