ソファ専門店:フランネルソファ オンラインストア

CONTENTS コンテンツ FLANNEL MAGAZINE ソファ専門のスタッフがソファのまめ知識をお届け

お問い合わせ052-212-1865|11:00-19:00 水曜定休日        

FLANNEL magazine

ソファ専門スタッフからの
ソファについての「まめ知識」を、フランネルマガジンとしてお届けします。

TITLE : ゆとりのある、ソファのリビングレイアウト

ゆとりある通路を確保した暮らし

生活に必要なスペースを考える。

好みの家具を配置してみたもののお部屋が狭く感じてしまったり、通路が狭く、通りづらかったり、失敗はしたくないものです。
毎日過ごすリビングだからこそ重要な『ゆとり』。
生活に必要なスペースを考えた、ゆとりあるリビングスペースを作る為にも、事前にサイズや生活スタイルを想像しましょう。

STEP1:部屋の大きさを把握する。

先ずはお部屋のサイズを把握しましょう。
図面をお持ちであれば問題ないのですが、見落としがちな注意があります。
図面に記載されている寸法は、お部屋の実寸では無く、壁の中心から中心までの寸法になっています。きっちりとした納まりを望んで家具購入を考えるのであれば、実寸をしっかり把握することが大切です。
また、図面の無い方は実寸をはかり、図面におこしましょう。
方眼紙を使うと簡単に図面を書くことが出来るのでお勧めです。

STEP2:家具のサイズを把握する。

すでに持っている家具や、これからご購入を検討されている家具のサイズを把握しましょう。
紙を使い、図面の縮尺に合わせた家具を切り抜きます。
その切り抜いた家具と図面を使い、レイアウトしましょう。
お部屋のシーンに合わせた、通路の確保も忘れずに。

STEP3:導線やライフスタイルを把握する。

実際にレイアウトを考える際に、生活導線やライフスタイルについて考えてみましょう。 例えば、人ひとりが通行する為に必要な通路の最小幅は600mmですが、主で使う導線上の通路であれば、それ以上の幅が必要になります。
また、生活スタイルも重要です。ソファとリビングテーブルの距離感はソファにもよりますが、最低300mm以上必要です。
しかし、お子様が小さく、床に座ってテーブルでお絵かきをするなどのケースであれば、あれば300mmというスペースでは床座には狭く感じてしまい、ここでもゆとりあるスペースが必要になります。
『導線計画』や『どういったライフスタイルを送っていきたいか』、をしっかり想像し、考慮した上でレイアウトを考えていくと、失敗しない家具選びができます。

ソファのゆとりあるレイアウト配置

必要なスペース例

人ひとりが通行する為に必要な通路幅は、最低600mm必要です。

主で使う通路に必要な最低幅 低い家具に挿まれた通路の最低幅 高い家具に挿まれた通路の最低幅
約800mm
(よくすれ違う通路であれば900~1200mmは必要)
約500mm 約600mm
ソファとテーブル TVボードとテーブル
約300mm〜
(足を軽く曲げてリラックスできるスペースを確保できる距離)
約800mm〜
(扉の開閉やDVD等を取り出す際のスペースを確保)


PAGE TOP

製品のご購入、ご相談はお問い合わせフォームか、ショールームまで
電話による製品のご購入,ご相談は052-212-1865まで