ソファ専門店:フランネルソファ オンラインストア

CONTENTS コンテンツ FLANNEL MAGAZINE ソファ専門のスタッフがソファのまめ知識をお届け

お問い合わせ052-212-1865|11:00-19:00 水曜定休日        

FLANNEL magazine

ソファ専門スタッフからの
ソファについての「まめ知識」を、フランネルマガジンとしてお届けします。

TITLE : リビングダイニングソファとダイニングテーブルの関係

ダイニングテーブルとソファセット

暮らしに合ったリビングダイニングテーブルの高さ。

従来ですとリビングには、ソファ。
ダイニングには、ダイニングセットを配置した家具の組み合わせがほとんどでした。
昨今の住宅事情の関係でLDKの広さも多様化し、ここ最近では新しいソファの使い方が増えています。
リビングとダイニングの機能を一つに集約したソファ。
それはLD(リビングダイニング)ソファと呼ばれます。
食事をする時のチェアを、ソファのようなゆったり座れるチェアにしたり、またはソファに合わせて、ダイニングテーブルの高さを低くしたりします。
少々こぶりなLDKでも、リビングスペースとダイニングスペースを合わせて使うことによって、スペースの有効活用ができます。
今回はMAROONソファをLDソファとして使用する場合の、おすすめのダイニングテーブルの高さをご紹介したいと思います。

ソファMAROONはコチラ

暮らしに合わせて、ダイニングテーブルの高さを決める。

国内でよく製造されるダイニングテーブルの高さは、700〜720mmがメインとなります。
それに合わせるチェアの座面の高さが400〜420mmになります。
この2つの高さの基準になっているのが、「280mmの高低差(目安)」になります。
例えばMAROONの座面の高さが400mmなので、基準値から考えるとテーブルの高さは680mmになります。

ダイニングテーブルとソファセット

でもテーブルで書きものやパソコン、ミシンなどのワーキングをすることが多い方だと、+20mmの700mmをおすすめします。
目線がテーブルに近づくことで、作業はしやすく、効率はあがります。
また自分の好きな飲みものを相棒にして、雑誌や本を読んだり、音楽を聴いたりするなど、テーブルでゆっくり過ごすことがお好きなら、基準値より-20mmにされて、テーブルの高さを660mmにすることをおすすめします。
テーブルの高さが低くなればなるほど、テーブルから感じる圧迫感が少なくなり、よりゆったりとした時間を味わえます。
照明にもこだわることで、ちょっとしたカフェスタイルを演出してみたり…今までのお部屋とは少しアレンジした空間がつくれます。

ダイニングテーブルとソファセット

リビングダイニングで上手な組み合わせは、過ごされる暮らしに合わせて、ソファテーブルの高さを変えることをおすすめします。


PAGE TOP

製品のご購入、ご相談はお問い合わせフォームか、ショールームまで
電話による製品のご購入,ご相談は052-212-1865まで