ソファ専門店:フランネルソファ オンラインストア

CONTENTS コンテンツ FLANNEL MAGAZINE ソファ専門のスタッフがソファのまめ知識をお届け

お問い合わせ052-212-1865|11:00-19:00 水曜定休日        

FLANNEL magazine

ソファ専門スタッフからの
ソファについての「まめ知識」を、フランネルマガジンとしてお届けします。

TITLE : ソファレイアウトの基本

生活しやすいお部屋づくりの基本は、過ごし方をイメージしてスペースを確保することです。

ソファレイアウトの基本

お部屋の入り口からLD(リビング&ダイニング)に入り、ソファの前を通ってベランダや庭に出るルート。
このように生活していて通る線を動線といいます。直線で結べば短い距離でも、ソファや家具の間を迷路のように移動すると距離は長くなり、あちこちにぶつかったり、余計な時間がかかってしまいます。
家具を配置するときには、目的の場所になるべく近い距離でスムーズに行けるように動線を考えることが大切です。

人が歩くのには狭さを感じない通路のスペースを確保しましょう。


平均的な人の肩幅は約500ミリですが、左右にゆとりがないと壁や家具にぶつかることがあります。通路となるスペースに余裕がないとスムーズには歩けませんし、大柄な家族が多いご家庭では、やや広めにとると動きが楽になります。それに小さいお子さんにとって狭い家具と家具の間はデンジャラスゾーンとなります。生活する人に合わせたゆとりのあるお部屋にしたいですよね。

部屋を広々と見せたい時には、まずは床の面積をできるだけ広く露出させることです。ソファやテレビなどを壁際に配置し、部屋の真ん中に空間を作るのがオススメのレイアウト。 動線を考えたソファのレイアウト

人が通るのに必要なスペース

人が1人、正面を向いて歩くのに必要なスペースは60cm程度。圧迫感を感じずに歩くため、70cm以上確保すればスムーズに移動することができます。横向きに通る場合には50cm程度でも大丈夫です。
2人がすれ違う場合には120cm程度のスペースの確保が必要です。
リビングは人が集まる場所です。入り口からソファや庭へ行く通路など、移動することが多いルートは余裕のスペース確保を心がけましょう。 人の通る幅

狭い部屋では

狭い部屋では、すべての通路にゆとりを持たせることは難しいです。
あまり通らない通路は多少窮屈になっても、やむを得ないと割り切ることも大切です。また、椅子を引いて座ったり収納家具の引き出しを開けて物を出し入れしたり、ドアや出窓を開けられるようなスペースは確保しましょう。

 

それぞれの暮らし方に合った流れや動線を考えて通路を確保し、快適なソファのあるお部屋のレイアウトをつくっていきましょう。過ごしやすいリビングには、自然と人が集まってきます。動きやすい動線を見つけ、スムーズに移動することで快適なリビング空間をつくりましょう。

おすすめソファ
BRICK

BRICK(ブリック)
重厚感が溢れる反面、背の低いフォルムを持つスタイリッシュなソファ。そのフォルムからは空間に高さを感じさせず、ソファ特有の圧迫感を排除。
230mmもある大胆な背もたれ幅と肘幅、それに伴う十分な座面の奥行き、コイルスプリングの弾力によって、余裕ある(ゆったりした)座り心地を堪能できます。 低い座面の上では、あぐらをかいたり、肘を枕代わりに…と、ゆとりある座り方ができます。

商品詳細へ...
BRICKのお部屋紹介へ...
BRICKのフォトギャラリーへ
PENTA

PENTA(ペンタ)
ゆったりとした幅をとり、適度な硬さのPENTAは自由で動きやすく、座面に手をついて立ち上がるのも楽。脚部にはブナの無垢材を贅沢に使用し、座椅子にありがちな軽々しさを排除。ソファの品質と、どっしりとした安定感を併せ持っています。また正五角形の内角108°をそのまま背角度として利用した背もたれが、どのような姿勢でも楽に過ごせる絶妙な座り心地を実現。定位置に縛られないPENTA900チェアはお部屋の好きな場所でゆったりとしたくつろぎを感じていただけるチェアです。

商品詳細へ...
PENTAのお部屋紹介へ...
PENTAのフォトギャラリーへ


PAGE TOP

製品のご購入、ご相談はお問い合わせフォームか、ショールームまで
電話による製品のご購入,ご相談は052-212-1865まで