ソファ専門店:フランネルソファ オンラインストア

CONTENTS コンテンツ FLANNEL MAGAZINE ソファ専門のスタッフがソファのまめ知識をお届け

お問い合わせ052-212-1865|11:00-19:00 水曜定休日        

FLANNEL magazine

ソファ専門スタッフからの
ソファについての「まめ知識」を、フランネルマガジンとしてお届けします。

TITLE : 職人に聞く-ソファができるまで

FLANNEL SOFAのソファはすべて、お客様からご注文を頂いてから、1つ1つ丁寧に職人の手によって作られます。そこにはオートメーション的な大型機械を使用せず、すべての工程を人の手で直接行うことで、丁寧な仕上がりを守り続けてきています。
ここではそんなソファ製作の一部始終をご紹介します。

今回、製作工程をご紹介するのはDOLCE。
コイルスプリングを使用した作りと、丸みを帯びた肘のデザインに、職人の技が光るソファです。

基本となる木枠の本体です。

コイルスプリングの取り付け。

綿をコイルスプリングに詰めていきます。

下張り工程です。
この布の上にウレタンが張られます。

背もたれの方には、テープで固定。

積層にすることでフランネル独自の座り心地になります。

背もたれの部分も同様に。

さらに布を張り、表面をキレイに仕上げます。

ウレタンで丸みが出てきました。
ドルチェの肘の形になってきましたね。

肘の木枠です。四角の木枠にこれから丸みを出す変化が楽しみです。

本体同様に木枠にテープ、布を取り付け。

さらに、表面を柔らかいウレタンで覆います。

仕上げも丁寧に布を張ります。

本体と肘を組み立て、ようやくソファの形に。

ソファの裏を布で張り付け。見えないところまで妥協しません。

カバーを掛ける前に徹底して、掃除します。

座面ウレタンのクッションです。

座面クッションの仕上げ。細かいところまで、チェックします。

背クッション。こちらもカバーリングを。

縫製されたカバーをキレイにシワを伸ばしながらかぶせます。

完成!

輸送中に万が一傷が付いたりしないよう、しっかりと梱包します。

ダンボールへ。
脚の方は外して、ダンボールに収めてあります。

そして、出荷。
このようにしてソファがお客様の元へ送られます。

 

長い工程を最後まで、ご覧いただき、ありがとうございました。
ぜひソファ選びの参考にしてください。


PAGE TOP

製品のご購入、ご相談はお問い合わせフォームか、ショールームまで
電話による製品のご購入,ご相談は052-212-1865まで