ロゴ

ソファ専門店:フランネルソファ オンラインストア

CONTENTS コンテンツ FLANNEL MAGAZINE ソファ専門のスタッフがソファのまめ知識をお届け

お問い合わせ0120-796-016|11:00-19:00 水曜定休日

FLANNEL magazine

ソファ専門スタッフからの
ソファについての「まめ知識」を、フランネルマガジンとしてお届けします。

TITLE :
生地素材の特徴とメリット・デメリット

ソファ生地を選ぶにあたって、知っておきたい素材のこと

ソファ生地は、洋服と同じように肌に直接触れるため、素材を気にされている方もいらっしゃると思います。 肌触りやメンテナンス性などは素材によって様々です。 今回は、生地の素材のメリット・デメリットをご紹介いたします。

ソファ生地の特徴

綿

綿

メリット 肌触りがよく。吸水性に富む。熱に強くて丈夫で、染色性や発色性に優れている。
デメリット 縮みやすく、シワになりやすい。長時間日光にあたると黄ばみやすい。

麻

メリット 通気性が良く、水分の吸湿や発散性に優れているため、清涼感がある。
デメリット シワになりやすく、保湿に乏しい。摩擦で毛羽立ちやすく、濃い色は白けやすい。

シルク

メリット 美しい光沢があり、しなやかな肌触りが特徴。
保温性・保湿性・発散性に優れている。
デメリット シミになりやすい。酸やアルカリに弱く、水に濡れると縮みやすい。
汗・雨に弱く鮮やかな色ほど色落ちしやすい。熱に弱く、害虫の被害を受けやすい。

ウール

ウール

メリット 繊維の太さが平均して細い規則正しい縮れ(クリンプ)が数多くある。
保温効果が高く伸縮性に優れ、弾力性がある。
水をはじきやすく、湿気をよく吸収する。シワになりにくく、型崩れしにくい。
デメリット 虫がつきやすく毛玉ができやすい。縮みやすく、フェルト状になる。

レーヨン

レーヨン

メリット 吸湿性・吸水性が良い。光沢があり着心地が優れており、ドレープ性がある。染色性が良い。
デメリット 水に濡れると強度が半分程度に低下する。洗濯で縮みやすく、シワになりやすい上に摩擦に弱い。 水ジミができやすい。

ポリエステル

ポリエステル

メリット シワになりにくく、型崩れしにくい。耐久性が高く、速乾性がある。
デメリット 吸湿性が少なく、静電気が起きやすい。吸湿性が低い。

アクリル

アクリル

メリット かさ高でソフト弾力性があるので、シワになりにくく軽い。
羊毛に近い風合がある。(ウール・ポリエステルより軽い)
カビ・害虫に強い。
デメリット 吸湿性が低い。高温に弱く、静電気が起こり易いため、ホコリをひきよせる。

ポリウレタン

ポリウレタン

メリット 伸縮性が大きい。(ゴムより強く、劣化しにくい性質を持っている)
ゴムより細い糸ができる糸が軽い。
デメリット 摩擦に弱く、合成皮革は表面がはがれたり、風合が変化しやすい。(2~3年程)
紫外線の影響で黄変することがある。塩素に弱い。
各素材のメリットを生かし、デメリットを少なくするため、化学繊維と天然繊維を組み合わせた生地もございます。
気になる生地がございましたら、ぜひ無料生地サンプルをご請求ください。

無料生地サンプル請求はコチラ
生地についてよくある質問はコチラ
ソファ生地に合う天然素材


PAGE TOP

製品のご購入、ご相談はお問い合わせフォームか、ショールームまで
電話による製品のご購入,ご相談は0120-796-016まで