ロゴ

ソファ専門店:フランネルソファ オンラインストア

CONTENTS コンテンツ FLANNEL MAGAZINE ソファ専門のスタッフがソファのまめ知識をお届け

お問い合わせ0120-796-016|11:00-19:00 水曜定休日

FLANNEL magazine 新着情報

ソファ専門スタッフからの
ソファについての「まめ知識」を、フランネルマガジンとしてお届けします。

高い耐久性を誇る、ウルトラスエード®

category:生地について

FLANNEL SOFAお取り扱い中の数多くの生地ラインナップより、おすすめ・定番人気のGROUP-5/HCシリーズ(ウルトラスエード®)の魅力に迫ります。ウルトラスエード®とは、東レ独自開発による技術を駆使した、スエード調人工皮革(ウルトラスエード®)です。エクセーヌ®やアルカンターラという呼び名で長く知られたものと同素材であり、上質で高機能なファブリックとして私たちの身近でよく使われています。……

...続きを読む

生地の織り方

category:生地について

ソファ選びにおいて、ソファのサイズやデザインが決まったら、次のステップとして張地、生地の選定があります。生地によって、色味・質感をはじめとして、仕上がりの印象が左右されます。耐久性や機能性、使い心地にも関わる大切なマテリアルとなり、織り方によって、さまざまな風合いや表情を生み出します。……

...続きを読む

布地ソファの様々なお掃除方法

category:生地について

ソファのお手入れ方法は、張地の種類やソファの仕様によって様々です。ソファを清潔に、長くご愛用いただくためにも正しいお手入れ方法を知ることが大切です。布地ソファは、カバーリング仕様と、張り包み(カバーを外せない)仕様では、お手入れ方法は異なりますが、どちらの場合にも適した布地ソファのお掃除方法をご紹介いたします。……

...続きを読む

ソファカバーのクリーニング

category:生地について

お気に入りのソファを清潔に保つことができ、万一の時の汚れへの対処も容易なカバーリングタイプのソファ。ソファカバーは、ソファにフィッ卜する様につくられているため、誤ったクリーニング方法によって生地に縮みや型崩れが起こると、元通りに使えなくなってしまうこともあります。生地に適したクリーニングを行うことが、とても大切です。……

...続きを読む

PU(ポリウレタン樹脂性)レザーと、PVC(塩化ビニル樹脂性)レザーの違い

category:生地について

ソファの張地で、フェイクレザー(合成皮革)は質感や、その扱いやすさから人気の生地の一つです。ソファだけでなく、フェイクレザーの製品は様々な分野で使用されています。例えば、クルマのシートや、ゴルフ用具、財布やバッグなど、身の回りに必ず一つは見つける事ができるのではないでしょうか? 一般的には、フェイクレザーというとポリウレタン樹脂性、塩化ビニル樹脂性のものを含みます。……

...続きを読む

ソファの生地を長持ちさせる為に。

category:生地について

ソファを使用していると、知らず知らずのうちに物が当たったり、服の摩擦により生地へダメージが発生します。生地にダメージが発生したときのメンテナンス方法をご紹介します。 ……

...続きを読む

生地サンプルの正しい見方

category:生地について

ソファを購入する際に多くの方が頭を悩ませるのが生地選びです。FLANNEL SOFAでは、約180種類の生地をご用意しています。180種類の生地を、一つ一つソファと並べて比較する事は難しい事です。生地選びの進め方としては、ホームページやカタログ内の生地の写真から、ご希望に近い色味の生地を絞ることで、ご自身のイメージに近い生地を選び出す事ができます。……

...続きを読む

ソファの汚れの原因

category:生地について

汚さない様に気を付けていても、ソファのご使用期間が長くなるほど、ソファの汚れが目立ち、気になってきます。原因は様々ですが、常日頃から、目に見えないところで汚れが積み重なっていきます。 ……

...続きを読む

本革ソファの革割り

category:生地について

FLANNEL SOFAでは、布・フェイクレザー・本革の3つの種類からソファの張地をお選びいただけます。それぞれの生地に良さがありますが、本革ソファは、お手入れをしながら長く愛着をもって使用できる味わいのある逸品として人気があります。今回は、本革ソファに多く見られる「革割り」についてご紹介いたします。 ……

...続きを読む

正しい本革のお手入れ

category:生地について

FLANNEL SOFAで、ソファの張地としてお選びいただける「本革」。ソファをご検討の際、本革は扱いが難しそうだったり、お手入れ方法が分からなかったりといった印象が強く、避けていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?しかし、本革は日常的に特別なお手入れを必要としません。「全く何もしなくても良い」ということはないですが、お部屋のお掃除と併せてできてしまうような簡単なお手入れです。 ……

...続きを読む

PAGE TOP

製品のご購入、ご相談はお問い合わせフォームか、ショールームまで
電話による製品のご購入,ご相談は0120-796-016まで