ロゴ

ソファ専門店:フランネルソファ オンラインストア

CONTENTS コンテンツ FLANNEL MAGAZINE ソファ専門のスタッフがソファのまめ知識をお届け

お問い合わせ0120-796-016|11:00-19:00 水曜定休日

FLANNEL magazine

ソファ専門スタッフからの
ソファについての「まめ知識」を、フランネルマガジンとしてお届けします。

category:その他について

TITLE :
室内壁の仕上げ材の種類

壁の仕上げ材の種類の違いについて

室内の多くの面積を占めている壁は、選べる種類が豊富にあります。お部屋のイメージや質感が変わるだけでなく仕上げ材ごとに機能性も様々です。


一般の住宅でよく使われる壁の仕上げ材について、それぞれの特性をご紹介します。

ビニールクロス

ビニールクロス

ポリ塩化ビニルを主原料にしたクロス。最も多く用いられている素材。

ビニールクロスのメリット・デメリット

メリット
  • 比較的安価なものが多い
  • デザインが豊富
  • 比較的施行時間が短い
  • 中には消臭や抗菌などの機能を持ったクロスもある
デメリット
  • 接着剤で貼り付けるため剥がれてくることがある
  • 素材がビニールのため、静電気でホコリがつきやすい
  • 経年劣化で変色しやすい(一定期間で再施行が必要)

紙クロス

漆喰

パルプが原料の洋紙を原紙にプリント加工やエンボス加工をしたものが主流。

紙クロスのメリット・デメリット

メリット
  • 部屋の雰囲気がやわらかい印象になる
  • デザインが豊富
  • 比較的施行時間が短い
デメリット
  • 水分に弱い(表面の加工で防ぐこともできる)
  • 硬いものがあたると凹みやすい(穴があくこともある)

漆喰

漆喰

消石灰に砂や海藻糊などをまぜてペースト状にしたもの。

漆喰のメリット・デメリット

メリット
  • 吸湿性、放湿性に優れている
  • 不燃性の材料のため、防火性を上げることができる
  • 脱臭効果有
  • 強アルカリ性のため殺菌効果があり、防カビやウイルス対策ができる
デメリット
  • 引っ掻いたりぶつかるとキズが入りやすい
  • 水拭きをすると汚れを吸着するため不向き
  • 施行技術が必要なため、高額になりやすい
  • 施工に時間がかかる

珪藻土

珪藻土

藻類の一種である植物性プランクトンが化石化したものが主原料。 珪藻土のメリット・デメリット

メリット
  • 吸湿性、放湿性に優れている
  • 不燃性の材料のため、防火性を上げることができる
  • 断熱性、保温性に優れている
デメリット
  • 天然素材の使用や施行技術が必要なため、高額になりやすい
  • 汚れに対するお手入れがしにくい
  • 施工に時間がかかる
  • 引っ掻いたりぶつかるとキズが入りやすい

木

木材を薄くカットしたもの。またそのような形にしたもの。(突板・プリント合板など加工されたものもある。)

木のメリット・デメリット

メリット
  • 他の壁紙には出せない、木の表情がでる
  • 印象があたたかくなる
  • 傷んだ箇所のみ取り替えが可能
デメリット
  • 湿気や乾燥によって木が反ってくる
  • 木材の種類によっては費用が高い
  • プリント合板の場合、表面の模様が単調になる

壁の仕上げ材で快適に過ごしやすく

各お部屋の用途に合わせて変えることもできる、壁の仕上げ材。
例えばお子様のお部屋には、落書き等の汚れが落としやすく、お手入れのしやすいクロスにしたり、 寝室では湿度調整をしてくれる仕上げ材を選ぶのもよいでしょう。
中には、汚れやキズを防止する保護フィルムや、消臭効果の機能を追加できるタイプもあります。
ご家族の生活スタイルや場所によって、壁の仕上げ材を選ばれるとよいでしょう。

お部屋の印象

壁の仕上げ材の特徴と、そこに置く家具やソファによってお部屋の印象が変わります。
どのような雰囲気にしたいのか、全体のイメージに合わせてソファのデザインや生地を選びましょう。

凹凸のあるデザイン性のあるクロスには、凹凸が少ないプレーン生地のソファがよく似合います。
ソファの色味が変わると雰囲気が変わるのはもちろんですが、生地感が変わることでもお部屋の雰囲気を変えることができます。

木のぬくもり溢れたお部屋の場合、ソファを濃い色にすると、お部屋全体が引き締まります。
それとは対称的に、フローリングや壁の木目に近い生地の場合、とても暖かい印象になります。
壁の仕上げ材とソファの生地の風合いや色味によって、お部屋の印象は変わります。

どのような雰囲気のお部屋にしたいか、壁のデザインや素材に合わせてソファの色や生地を選んでみてはいかがでしょうか。
ショールームにお越しの際には、お部屋の雰囲気やイメージ写真をお持ちいただくことをお勧めします。
FLANNEL SOFAでは、ソファ専門スタッフがソファ選びはもちろん、生地選びのご提案をさせていただきます。


PAGE TOP

製品のご購入、ご相談はお問い合わせフォームか、ショールームまで
電話による製品のご購入,ご相談は0120-796-016まで