RLE

ソファ生地RLE

    生地素材:牛本革

    無料生地見本請求はコチラ

    革の良さを活かし、表情を豊かに。

    なめした革の銀面にプレスすることで独自の表現をつけた革です。
    革の銀面を活かしながら型押しをしており、風合いや手触りは味わい深いものがあります。
    シボを均一にする事で統一感のある美しさがあり、日常の暮らしの中で、付いてしまう僅かな傷も目立ちにくくなります。

    画像をクリックすると拡大表示

    本物の本革への4つのこだわり

    銀付革に薄化粧(薄い塗装)

    天然皮革の良さを味わっていただくために、革の表面をそのまま生かした「銀付革」に薄い塗装「薄化粧」を施すことにこだわっています。

    最高クラスの原皮を使用

    銀付革に薄化粧を施した商品を作るには良質な原皮が必要となるため、「最高クラスの原皮」を厳選して使用しています。

    手塗り加工による薄くて丈夫な塗装膜

    「薄化粧」といっても、椅子張り用皮革は通常の革の仕上げと異なり、かなりの強度が必要となります。
    革の風合いを生かしつつも薄くて丈夫な塗装を行うために、1枚1枚、職人が道具を使い、手で塗料を塗り込みます。
    この人の手による地道な作業が「やわらかい風合いや手触り」と「強度」を両立させています。
    また表面にウレタン加工を施すことにより、耐摩耗性と耐水性を高めています。

    日本の軟水だからできる やわらかな風合い

    革は水の硬度によって仕上がりが変わります。ヨーロッパが真似のできない、日本の軟水だからできる風合いをお楽しみください。

    天然皮革が持つナチュラルマークについて

    本革-2シリーズはソファ張り専用皮革として、「銀付革」(革の表面がついている革)にこだわっています。 銀面を削った革に比べて、傷や肌荒れなどのナチュラルマークがそのまま表面に現れます。 革の本来の天然皮革の良さを生かした質の高い“本物”をご堪能下さい。

    本革
    • 動物のシワ

      生きジワ

    • 肌荒れなどのスレ

      ガリ・スレ

    • キレキズ・治りキズ

      キレキズ・治りキズ

    • ピンホール・虫穴

      ピンホール・虫穴

    • チスジ

      血筋(チスジ)

    RLEシリーズの特徴

    • 耐久性

      本革は繊維の目が詰まっており、とても頑丈です。柔軟性、弾力性に優れ、革自体にハリ・コシがあります。
      お手入れの仕方次第で、一生モノとしてお使いいただけます。

    • 撥水性

      吸水しにくい素材で、水をこぼしてもはじいてくれます。
      しかし、長時間放置するとシミになる可能性がありますので、早く拭き取っていただくことをオススメします。

    味わい深い本革を、より一層引き立てる職人の技。

    • ソファGRAIN

      ソファ:GRAIN
      生地カラー:ブラックを使用

      均一な仕上がりに潜む、天然性の風合いが、高級感を生み出します。

    • ソファGRAIN

      ソファ:GRAIN
      生地カラー:ダークブラウンを使用

      ただの型押しのみでは味わえない、繊細ながら安定した肌触り。

    • ソファGRAIN

      ソファ:GRAIN
      生地カラー:ブラックを使用

      動物が生きてきたシワと、暮らしの中でつくられるシワとの上手な共存により、より立体的なシルエットに。

    実際にRLEシリーズでソファを
    ご使用されてるお客様の声です。

    NO.677 滋賀県 I様邸
    ソファ:PIVO 生地カラー:ライトブラウン

    片肘と背もたれの一部が無いことで、開放感があり、以前使っていた両肘ありの3Pソファとほぼ同じ大きさですが、部屋が広くなったように感じます。 背もたれの空いた部分より、ソフ…

    生地見本

    まずは生地見本を請求しましょう。

    パソコンのモニタによっては、色の見え方が異なります。
    是非、実際に生地に触れて、手触り、色合い等を感じてください。
    ソファご購入の前に生地見本でご確認することをお勧めします。

    RLEシリーズは、パールトーン加工をかけることが出来ません。


    RLEシリーズの生地のお手入れ方法をご覧になれます。正しいお手入れ方法で、ソファを長く綺麗にお使いいただけます。

    生地のお手入れ方法はコチラ