ロゴ

ソファ専門店:フランネルソファ オンラインストア

CONTENTS コンテンツ FLANNEL MAGAZINE ソファ専門のスタッフがソファのまめ知識をお届け

お問い合わせ0120-796-016|11:00-19:00 水曜定休日        

FLANNEL magazine

ソファ専門スタッフからの
ソファについての「まめ知識」を、フランネルマガジンとしてお届けします。

TITLE :
エレベーターを使用するソファの搬入

エレベーターには、事務所ビル、ホテル、商業施設などで広く使われている「乗用エレベーター」と、マンションやアパートなどの居住区に設置される「住宅用エレベーター」があります。
今回は、ソファをはじめ、お引越しの際に運ぶ大型家具にも関係する「住宅用エレベーター」についてご紹介します。

エレベーター規格サイズの決まりごと

一般的に、エレベーターは何階以上の建物に設置されているのでしょうか。
エレベーターの設置義務に関しては、「建築基準法」「高齢者の居住の安全確保に関する法律」「条例」に記述されています。

建築基準法34条 高さ31メートル超の建物に「非常用の昇降機」を設けなければならない
高齢者の居住の
安定確保に関する法律
原則3階建て以上の共同住宅(サービス付き高齢者向け住宅)にエレベーターを設けなければならない
条例 地方公共団体によって異なる

建築基準法で高さ31メートル超の建物には「非常用の昇降機」を設けなければならないとされており、6階以上の住宅にはエレベーターがまず設置されていると考えて良いでしょう。
31メートルは、はしご車の一般的な高さの限界点が31メートル程度、そして大正時代の建築物の高さ規制が、百尺(31メートル)で制限されていたことによると言われています。

現在、日本国内のエレベーターには、ホームエレベーターに使われている2人乗りから、東京科学館の業務用エレベーターに使われている124人乗り(日本最大)が存在しております。「住宅用エレベーター」では、6人乗りと9人乗りに規格のサイズが設けられており、一般的な大きさは下記の通りです。

JIS A 4301-1983「エレベーターのかご及び昇降路の寸法」より

最大人数6人

最大定員(人) 6人
有効出入り口寸法
 幅×高さ(mm)
800×2000
エレベーター内の寸法
 間口×奥行×高さ(mm)
1050×1150×2200

※エレベーターの種類によって、上記寸法と異なる場合もございます。

最大人数9人

最大定員(人) 9人
有効出入り口寸法 幅×高さ(mm) 800×2000
エレベーター内の寸法 間口×奥行×高さ(mm) 1050×1520×2200

※エレベーターの種類によって、上記寸法と異なる場合もございます。

6人乗りエレベーター 

9人乗りエレベーター

また、下記のように一部の小規模アパート・マンション用エレベーターには、3人乗りタイプもあります。

【参考サイズ】

最大定員(人) 3人
有効出入り口寸法 幅×高さ(mm) 800×2000
エレベーター内の寸法 間口×奥行×高さ(mm) 900×1150×2200

※エレベーターの種類によって、上記寸法と異なる場合もございます。

エレベーターへのソファの搬入方法

では、実際にフランネルソファのソファを使って、搬入を検証してみましょう。
搬入の際は、下図のようにソファを立てた状態(肘側を横向き)でエレベーターに運び込むのが一般的です。

フランネルソファでは、ソファの脚を取り外した状態で段ボールに梱包をしておりますので、実際のソファの高さ寸法よりは、脚の高さ分、小さくなります。(一部、脚が取り外せないソファもございます。)

そのため、ソファを立てた状態であれば、扉の横幅(ソファの高さ分)をクリアできることがほとんどです。
問題になるのは、扉の高さ(ソファの横幅)です。フランネルソファのBRICKで検証してみましょう。

ソファ BRICK

①BRICK 2.5P 商品サイズ W1820×D900×H620(mm)
ダンボール梱包サイズ W1850×D910×H570(mm)
②BRICK 3P 商品サイズ W1990×D900×H620(mm)
ダンボール梱包サイズ W2020×D910×H570(mm)

例)6人乗りエレベーターの場合(扉サイズ: W800 x H2000)

① 段ボール梱包サイズ(W)より、扉の高さが高いため、ソファを立てた状態で運びこめます。

② 段ボール梱包サイズ(W)より、扉の高さが低いため、ソファを立てた状態では運びこめません。エレベーターは、扉の高さより、エレベーター内の天井が高いことの方が多く、商品を傾けた状態にすれば、エレベーター内に運び入れることができます。

今回、ご紹介しました搬入検証は、エレベーター搬入の一例です。3人乗りエレベーターでは、扉の高さとエレベーター内の天井高さが同じ場合があり、高さをクリアできず、エレベーター内にソファを運び込めないケースが出てきます。
エレベーターを使用するソファの搬入の一つの目安として、6人乗りエレベーター以上のサイズであれば、フランネルソファのソファが搬入可能であるとお分かりいただけたのではないでしょうか。
(※エレベーターによっては、サイズが異なる場合がございますので、搬入前は実際に寸法を測っていただくことをお願いいたします。)

安心してソファをご購入いただくために

フランネルソファでは、ソファのご案内はもちろん、搬入に関する検証・アドバイスも行なっております。
図面や写真と合わせて、エレベーターの仕様やサイズもしっかりと確認いたします。
お客様が満足のいくソファライフをお送りいただけるように、全力でサポートいたします。
まずは、お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

製品のご購入、ご相談はお問い合わせフォームか、ショールームまで
電話による製品のご購入,ご相談は0120-796-016まで