ソファ専門店:フランネルソファ オンラインストア

CONTENTS コンテンツ FLANNEL MAGAZINE ソファ専門のスタッフがソファのまめ知識をお届け

お問い合わせ052-212-1865|11:00-19:00 水曜定休日        

FLANNEL magazine

ソファ専門スタッフからの
ソファについての「まめ知識」を、フランネルマガジンとしてお届けします。

TITLE : ソファの生地を長持ちさせる為に。

ソファに付着する埃

生地のダメージの補修方法

ソファを使用していると、知らず知らずのうちに物が当たったり、服の摩擦により生地へダメージが発生します。
生地にダメージが発生したときのメンテナンス方法をご紹介します。

糸の解れ先端糸の先が見える場合、ハサミでカットする。

掃除機

飛び出している糸の根元でしっかりカットします。
その時、糸を強く引っ張らないでください。
更に糸がでてきてしまったり、生地がよれてしまう原因となります。
細かい繊維が生地の表面に出ている場合も、丁寧にハサミでカットしましょう。
そのままにしておくと、繊維が絡み合い、毛玉の原因になる可能性があります。

糸のループループ状態の糸が見える場合、針で糸を入れ込む。

張り包みの場合飛び出た糸を針で入れ込む

張り包みソファの場合

針で糸のループを押さえて生地の裏側へと入れ込みます。

張り包みの場合飛び出た糸を針で入れ込む

カバーリングソファの場合

カバーを外して生地の裏側から糸を引っ張ることができます。
強く引っ張りすぎないように注意が必要です。

張り包みの場合飛び出た糸を生地裏で結ぶ

長さがあれば生地の裏で結びましょう。
再度糸が出てくることを防ぎます。
ループ状の糸をカットしてしまうと、生地のホツレの原因となります。
物を引っ掛けてしまい生地のダメージが悪化してしまう前に、早めに処理をしましょう。

お気に入りのソファを永く使うためにも、生地の糸の飛び出しを見つけた際には、上記の方法で糸の処理をしてください。
生地の傷みの悪化を防ぎ、よりソファを長持ちさせる為にも、早めの処理をしていただくことをお勧めします。


PAGE TOP

製品のご購入、ご相談はお問い合わせフォームか、ショールームまで
電話による製品のご購入,ご相談は052-212-1865まで