ソファ専門店:フランネルソファ オンラインストア

CONTENTS コンテンツ FLANNEL MAGAZINE ソファ専門のスタッフがソファのまめ知識をお届け

お問い合わせ052-212-1865|11:00-19:00 水曜定休日        

FLANNEL magazine

ソファ専門スタッフからの
ソファについての「まめ知識」を、フランネルマガジンとしてお届けします。

TITLE : サイズ選びのコツ

「大きすぎた!!」

「小さすぎた!!」

「もうちょっと、○○だったなぁ~~」

という失敗のないように、まずは、ご購入前のサイズチェックは、基本です!!

お部屋の図面(間取り図)でチェック

お店は部屋と比べて広く、置いてあるソファが実際よりも小さく感じるからです。

お店で一目ぼれしたソファを部屋に置いてみると「大きすぎた!」という失敗があります。それは、お店は部屋と比べて広く、置いてあるソファが実際よりも小さく感じるからです。また、「うちの家は、狭いから・・・」と小ぶりなソファを選んで部屋に置いてみたら「もうちょっと大きくても大丈夫だった」という失敗もあります。
そんな失敗をしないためには、まず、部屋の図面にソファをレイアウトして、どれくらいの大きさのソファが入るのか確認しましょう。そのときに、ソファ周りに人が動けるスペースがあるか、テーブルとソファとの間に足が入るか、ドアや他の家具扉の開閉に支障がないかなども考えてみましょう。店頭に図面をお持ちいただければ専門スタッフが配置のアドバイスをさせていただきます。お部屋のコーディネート致します。

何人掛けではなく、「W(ワイドサイズ)」に注目

ソファ幅は、きちんと確認しましょう。

ソファには、2人掛け用、2.5人掛け、3人掛け用などがあります。下の写真はどちらも2.5人掛け用のソファです。でも、幅(W/ワイドサイズ)がまったく異なります。

一般的に、ソファの1人分スペースは幅550から600mm前後が目安となります。しかし、このように同じ2.5人掛け用のソファといっても、肘の有無、肘の幅の違いによってかなり違ってきますので、幅はきちんと確認しましょう。
※ソファBRANCHは2013年12月末に廃盤商品となりました。

奥行きにも注意

ソファ選びでは奥行きもチェックしましょう。ソファの奥行きも750mm前後から900mmを超えるものまであります。ソファの用途を考えて選ぶと良いでしょう。
来客をもてなしたり、お茶を飲む程度であれば奥行きが浅めのソファがオススメです。
あぐらをかいたり寝転んだりと、いろいろな姿勢をとるのであれば、奥行きがあるソファがオススメです。
大柄な人と小柄な人が同じソファを使う場合、奥行きが深いソファだと小柄な人はソファの背部分と腰の間に隙間があくのでいくつかクッションを用意して調整すると良いでしょう。



PAGE TOP

製品のご購入、ご相談はお問い合わせフォームか、ショールームまで
電話による製品のご購入,ご相談は052-212-1865まで