ソファ専門店:フランネルソファ オンラインストア

CONTENTS コンテンツ FLANNEL MAGAZINE ソファ専門のスタッフがソファのまめ知識をお届け

お問い合わせ052-212-1865|11:00-19:00 水曜定休日        

FLANNEL magazine

ソファ専門スタッフからの
ソファについての「まめ知識」を、フランネルマガジンとしてお届けします。

TITLE : お昼寝のひとときをソファで効果的に

ソファでお昼寝

心地よいソファでのお昼寝を、より良い時間に。

天気の良い休日にソファでお昼寝。とても気持ちの良いひとときであり、どうしようもない眠気をスッキリさせる手段のひとつでもあります。
お昼寝には、疲労回復・ストレス解消の他に、集中力を復活させる効果もあるようです。
「お昼寝」はあくまで「仮眠」です。夜、長時間眠る「睡眠」とは、効果が異なります。快適なお昼寝は、「眠り過ぎない」ことがポイントです。

「快適なお昼寝とは」

睡眠時間や熟睡に注意しましょう。快適な寝起きのためには、お昼寝の時間を「15分~20分」とるのが目安と言われています。
30分以上の睡眠は、脳が深い眠りに入ってしまうため、目覚めた後も、眠気が残る状態が続いてしまう場合があります。
深い眠りに入る事を防ぐ為にも、ベッドではなく、ソファでのお昼寝はお勧めです。仕事場のオフィスチェアでも、お昼寝に適しているようです。

外部からの刺激を遮る。

当然のことながら、外部からの強い刺激(光・音)は、お昼寝の妨げになります。日差しや照明の光を遮る為に、カーテンやアイマスクを使用し、周囲の音は、耳栓などでシャットアウトすることをお勧め致します。

カフェインを摂る。

カフェインの持つ覚醒効果は、体内に吸収され、効果を発揮するまでに、20分ほど時間を要するといいます。15分~20分のお昼寝の前に、コーヒーを1杯飲むだけで、スッキリとした目覚めを期待できます。
※普段からコーヒーを多く飲んでいる方は、慢性化して効果が出にくい場合もあります。

起床後、スッキリ目覚める方法。

起床後、顔を洗う・日の光を浴びるなど、強い刺激を加えることで、脳の活性化が促されます。起床後、時間を置かずに行うことがポイントです。

ゆったり昼寝

「お昼寝に適したソファ」

熟睡はしない程度とはいえ、あえて寝心地の悪いソファを選択するのも考えものです。
FLANNEL SOFAでは、お昼寝に適したソファをご用意しております。

SIESTA

お昼寝をコンセプトとしたソファです。
低い肘を枕代わりに、ゆったり横になることのできるソファです。
広い座面は横になっても肩が落ちる事無く、硬めの仕上がりの座面ですので、寝返りを打つといった体勢を変えることも容易にできます。
さらに片肘タイプのソファのため、足が肘掛けの上に乗ってしまうような窮屈感はなく、脚の先までゆったり伸ばして横になることができます。

SIESTAはコチラ

ソファSIESTAでのお昼寝

BRICK

SIESTA同様低い肘を枕代わりに利用し、横になることができます。 ゆったりとした奥行きの硬めの座面に加え、バネにはベッドのマットレスにも採用されている「コイルスプリング」を採用していますので、身体にとって程よいクッション性が、腰への負担も最小限に抑えてくれます。

BRICKはコチラ

ソファBRICKでのお昼寝

RULER

コンパクトサイズのソファRULER。
枕代わりにしやすい幅のある低い肘掛けが特徴です。一続きの座クッションは、でこぼこした感触なく、快適に横になることができ、フルカバーリング仕様あることから、座クッションの中材のみ交換が可能、といったメンテナンス性にも優れた面を兼ね備えています。

RULERはコチラ

ソファRULERでのお昼寝

お勧めのソファをご紹介してきましたが、毎日のしっかりとした睡眠をとるために、ベッドの代わりに使用することは、お勧めできません。

ソファでの睡眠は、あくまで「お昼寝」にとどまります。
必要最低限の寝返りをうつことができず、ベッドとしての機能までは、不十分で補い切れません。
ソファとベッドを兼用としてお考えの方は、ご注意ください。
上記でご紹介したお昼寝方法を踏まえ、ご自身に合ったお昼寝を、ライフスタイルの一部に取り入れてみてはいかがでしょうか。


PAGE TOP

製品のご購入、ご相談はお問い合わせフォームか、ショールームまで
電話による製品のご購入,ご相談は052-212-1865まで